ピンバッジの業者の選び方
2017.05.23

PEACE昨今、様々な要因があってピンバッジが人気を集めている状況です。
それもあってか、ピンバッジを制作する業者自体も増えて来ていると言われています。
そこで悩むのが「業者の選び方について」。
業者選びに失敗しないためにも、選び方のコツについて少しお話をしていきます。

■完全オリジナルで製作が可能か?

まずチェックしたい部分は「完全オリジナルでピンバッジを製作することが可能か?」という点です。
このチェックの意図は至って単純で、その業者に実力があるのか?というものになります。
自社で様々なピンバッジが製作することができるということは、臨機応変に対応することができるスキルを持っている証明になります。
テンプレートのピンバッジであれば、スキルがなくても簡単に出来てしまいます。
こういった業者は対応力が弱い場合が多いため、リスクを少しでも減らすためにもチェックをしておきたいところです。

■小ロットで発注することが可能か?大量発注も可能か?

続いてチェックをしたい部分は「小ロットで購入することが可能か?」という点。
合わせて、大量発注(○○万個など)も可能な業者なのか?をチェックをしておきましょう。
これは業者として、どの程度、小回りがきくのかを確認するためになります。
小回りがきくということは、ある程度、依頼者側のワガママを聴いてくれるからです。
一般論として、利用者側の要望を応えてくれる業者の方が「利用したい」と感じます。
そういった点も、しっかりと見極めていくことが大切になってくるわけです。

■実績がある業者かどうか?

最後にチェックしておきたいポイントは「実績がある業者か?」になります。
こちらもピンバッジの業界に限らずですが、やはり実績があるということは、それだけ多種多様なノウハウを持っていることになるため、安心感の大きさが違います。
ただ1つ注意をしたい点は、長くやっていればよいというわけでもありません。
中には、様々な業種を変えて、厳しい時代を乗り越えてきた業者も存在します。
これはこれで凄い会社ではありますが、ピンバッジのノウハウとしては、少ないケースも。
つまり、実績をチェックする場合は、利益だったり、社歴だったり、資本金だったりを見るだけではNGだということです。
実際にどのようなピンバッジを作ってきたのか?をチェックをしておきましょうということです。
中には、実際に製作をした、ピンバッジのチームロゴだったり、社章、記念品を通販で販売している場合も多くあります。
こちらも合わせてチェックしていけば、よりよいと言えます。

▲ ページトップへ